女性

30代の 基礎化粧品選びは難しくない│老化防止の裏ワザとは

肌トラブルを改善できる

ソープ

アメリカで誕生したピーリング石鹸は、日本の厚生労働省でも認可しています。ピーリング石鹸は植物由来の有効成分が使用されていますので、副作用がないことも人気の理由となります。美容クリニックでも使用されている石鹸で、肌トラブルを改善できます。

もっと読む

お肌を健全な状態に戻す

石鹸

お肌が本来持っている力を取り戻すため、必要最低限の成分だけを補うことのできる洗顔石鹸がいま大きな注目を集めています。また、洗顔石鹸には洗浄力が強いタイプと少し抑え目のタイプの二通りがあり、自分の肌質と相談しながらどちらにするのかを決めると肌環境を着実に変えられます。

もっと読む

まつげのボリュームを出す

女性

まつエクをセルフで付ければコスト削減できます。好きなエクステを選べば自分の理想通りの目元になれるでしょう。エクステをしている状態の際には目元に刺激を与え過ぎないように気を付ければエクステが長持ちします。

もっと読む

継続して美しく

ウーマン

若いころは、肌のケアを怠っていてもトラブルがないことが多いものです。しかし、30代にさしかかると、メイクをしたまま眠ったり、化粧水もつけずに放置したりすると、翌朝の肌状態が悪化します。30代になったら、本格的なケアが必要になるのです。30代女性に必要なケアは、とても基本的なものになります。まず、一日二回、きちんと洗顔をすることです。化粧を落とすときは、クレンジングと石鹸のダブル洗顔をします。石鹸は良く泡立て、泡で洗うことを心がけます。そのうえで、年代に合わせて作られた基礎化粧品を使ってケアすると、今後の老化防止にも役立ちます。30代のための基礎化粧品は、保湿力が高く、シリーズで使うと肌がよみがえるのを実感できます。

基本的なケアをするとき、少しの工夫をするだけで効果がずいぶん違ってきます。まず、化粧水をつけるときは、コットンを使うと良いです。コットンにたっぷりと含ませて、肌全体にまんべんなくなじませます。素手でなじませると、むらが生じるため、化粧水の機能を引き出すにはコットンが便利なのです。また、乾燥を感じる場合には、化粧水を含ませたコットンを顔に貼り付け、数分放置するコットンパックもおすすめです。化粧水のあとは、乳液を重ね、できれば同じシリーズの美容液もつけると効果が倍になります。余裕のある人は、アイクリームなど、パーツケア用の基礎化粧品も使用すると良いです。基礎化粧品のつけ方や塗る順番を工夫するだけで、普段のケアで得られる効果が大きくなります。